真面目な人が向いている

タクシー

真面目で責任感のある人でもビジネスが上手くいかなかったりすることも多々ありますし、また対人関係に疲れてしまい転職を考える人もいます。そんなストレス社会をちょっと変った視点で捉えると、真面目な人ほど仕事にして欲しいのがタクシーの運転手になります。これからの高齢化社会にとってタクシーの需要が大きくなりますし、観光ビジネスを掲げている地方ではなくてはならない仕事です。まずタクシー運転手にとって必要なスキルといえば運転技術は当たり前ですから、これは真面目な仕事態度でお客さんが安心できる判断材料ともいえます。真面目な仕事態度はどうやって現れるのかというと、実はお客様から場所を尋ねるときの話し方で判断されることが多いです。丁寧な口調で話すことができると、真面目な態度の運転手となりますので、あくまでも心を込めて丁寧に話すことで優良ドライバーだと感じてくれます。

前もって情報を持つ

ライバー

今ではタクシーの運転手になくてはならないのが運転マナーになり、どんなに急いでいても交通マナーを守らなくてはお客様を安全に乗せることができません。そのために運転手のサービスの一貫としてやっているのが、信号が変わって停車するブレーキをゆっくりと踏んで停まることがあります。ゆっくりと踏むことで乗せているお客様に迷惑がかからないですし、また信号の変わり目を判断してスピードを調整することができるようになります。また会社から無線で連絡がきたときには近くの車がお客様のところへ行くようになっていますが、時間を厳守できるように近くで待機をしていることもできます。時間を守っていくには前もって行動をすることになりますので、交通情況をあらかじめ確認をしてどのようなルートでたどり着くのがベストなのかを判断する能力も必要です。今はインターネットなどの普及によって、どの車にもカーナビなどがついていることもありますので交通情報もわかりやすいこともあります。しかし実際にタクシーの運転手は道を覚えることや、飲食店など評判のお店も聞かれることがあるので前もって情報を仕入れておくことでお客様に満足してもらえます。特にサービス業からの転職をする人はタクシーの運転手に向いているのは、話し方や接客などノウハウを知っていることがアドバンテージになります。親切丁寧にお客様を乗せていくには、運転技術プラス、気持ちよくさせるための真心をこめたマナーを守るようにすることです。

広告募集中